支部・部会・研究会案内

世界史部会 7月例会(7月22日)

日 時:2018年7月22日8(火)午後1時より
場 所:西成区民センター スタジオ
     (大阪市西成区岸里1-1-50)
       地下鉄四つ橋線「岸里」駅2号出口東へ1分
       地下鉄堺筋線「天下茶屋」駅西出口南へ5分
       南海本線・高野線「天下茶屋」駅西出口南へ5分
テーマ:「家族介護の現代日本社会史」(歴教協京都大会報告検討)
報告者:植田 啓生さん
テーマ:「第一次世界大戦後のアジアの民族運動②」(通常の例会報告)
         (インドの民族運動とガンジー、トルコの動き、その他)
報告者:志賀 功さん

  

日本史部会 7月例会(7月25日)

日時:2018年7月25日(水)18:30~20:30
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)3階「楓」
内容:家族介護の現代日本社会史「ヤングケアラー問題」に着目して
報告者:植田 啓生 さん
  1月例会で、報告したものを今夏の全国大会分科会で報告する
  ことになりました。そのための準備です。

  

小学校部会 8月例会(9月1日)

日時:2018年9月1日(土) 9時30分から12時30分
場所:東成区民センター 603号
  (地下鉄千日前線・今里筋線「今里」2番出口から西へ徒歩3分)
内容:①2学期の計画 こんな授業をしたい(社会、理科)
    報告者:阿部さん、岡崎さん、平尾さん、ホァンさん
   ②淀川改訂版の進み 
    報告者:小野さん、飯田さん
   ③休み中の研修、体験研究の進み
    報告者:石原さん、二ノ方さん
   ④ジレンマ教材考? 
    報告者:河内さん
(7月例会は、7月1日大阪歴教協大会 金蘭会中・高校)小学校部会8月例会

  

中学校部会 7月例会(7月26日)

日時 2018年7月26日(水) 午後6時30分から
会場 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室
内容 ①『ともに学ぶ人間の歴史』
     第10章(7)国会を包囲する人波
  -日米安保条約の改定-
     報告者:林 正敏 さん
②『ともに学ぶ人間の歴史』
  第10章(8)豊かさとその代償
   -高度経済成長-
     報告者:岡澤 文彦 さん

  

大阪歴史教育者協議会第53回研究大会(7月1日)

 この案内のダウンロードはこちら

大阪歴史教育者協議会第53回研究大会
地域に根ざし 平和を創る社会科教育
 歴史をゆたかに学びたい、子どもたちが元気に学ぶ楽しい授業がしたいと願うみなさん。
 ごいっしょに、教室や地域の取り組みを持ちより学びあいましょう。
2018年7月1日(日) 11:00~17:00
会場: 金蘭会中学・高等学校
  大阪市北区大淀南3丁目3-7
  (JR福島駅下車北西徒歩8分 阪神本線福島駅北へ徒歩10分)
15:00~16:30 講演
岩本賢治さん (兵庫歴教協・京都橘大学)
「新指導要領と道徳教育
―道徳の授業に社会認識の教育を― 」
?(はてな)と!(なるほど)の道徳の授業づくり。
 五つの原則で道徳の授業を「はてな?」と「なるほど!」のある授業に転換します。
◆資料代 : 1000円 市民・学生は 500円 (高校生以下は無料)
◆連絡先 :大阪歴史教育者協議会事務局 https://osaka-rekkyo.org

★大阪歴史教育者協議会総会10:00~
★ 研究大会受付:10:45~
 明日から役立つ教材交換会をします!
10:00~11:00 総会
11:00~12:00 実践報告①
〈昼食休憩〉明日から役立つ実物教材交換会
13:00~14:00 実践報告②
14:10~14:50 実践報告③
15:00~16:30 記念講演
16:30~17:00 意見交流

◆実践報告① 11:00~12:00
「人物に注目した日本中世史の授業開発
~一遍の宗教活動を中心に~」
人物学習、絵図・モノ教材に関心を置いた授業です。念仏札を配り、「あなたは死後の世界を信じますか」と問う導入に始まり、一遍聖絵の場面から一遍の宗教活動に注目。
最後に「なぜ一遍は踊念仏を始めたのか」「なぜ一遍の周りに人々が集まったのか」「なぜ一遍は自らの書物を燃やしたのか」という3つの問いを提示しオープンエンドで終わります。
和井田 祐司(大阪暁光高校)
〈昼食休憩〉
明日から役立つ実物教材交換会
◆実践報告② 13:00~14:00
「ぼくらの学ぶ文化祭~きけ、わだつみの声~」
「人前に出るのは苦手だったけど、やってみるといろんな人と関われたし、結構たのしかった!」
 勉強が苦手で嫌い、気持ちを伝えるのが苦手、人前に出たくなかった生徒たちが、文化祭で舞台発表に取り組みました。
 発表のテーマは『特攻』。学習・調査・発表を通じて、生徒たちは何を学び、どう変化したか、担任としてどう関わったか。担任2年目の実践を報告します。
浅井 淳志(大阪暁光高校)
◆実践報告③ 14:10~14:50
「『道徳』教育の現状 職場と子どもたちの声」
充分な合意や打ち合わせもなく、手探りで「道徳」の授業が進んでいます。堺市は幸い光村の教科書で、子ども達はよく発言し、様々な意見を出しています。
多様な声をどう生かし、「評価」するか。教師や大人の姿勢が問われている気がします。
阿部 仁(堺市立金岡南小学校)
★15:00~16:30講演 (再掲)
岩本賢治さん (兵庫歴教協・京都橘大学)
「新指導要領と道徳教育
―道徳の授業に社会認識の教育を― 」
?(はてな)と!(なるほど)の道徳の授業づくり。
 五つの原則で道徳の授業を「はてな?」と「なるほど!」のある授業に転換します。
★16:30~17:00 交意見交流
 参加者からの発言 小・中・高の現状、市民の意見など

  

世界史部会 6月例会(6月26日)

日 時:2018年6月26日(火)午後6時30分より
場 所:西成区民センター スタジオ
     (大阪市西成区岸里1-1-50)
       地下鉄四つ橋線「岸里」駅2号出口東へ1分
       地下鉄堺筋線「天下茶屋」駅西出口南へ5分
       南海本線・高野線「天下茶屋」駅西出口南へ5分
テーマ:第一次世界大戦後のアジアの民族運動①

報告者:植田 啓生さん

 

  

中学校部会 6月例会(6月20日)

日時 2018年6月20日(水) 午後6時30分から
会場 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室
内容 ①『ともに学ぶ人間の歴史』
     第9章(15)本土決戦か、降伏か
          ー日本の敗戦ー
     報告者:岡澤 文彦 さん
   ②『ともに学ぶ人間の歴史』
     第10章(4)南北に引き裂かれる
          ー朝鮮戦争と冷戦ー
     報告者:林 正敏 さん

  

高槻支部 6月例会(6月22日)

日時:2018年6月22日(金)19:00~21:00
会場:高槻市市民交流センター(クロスパル)創の工房(3階)
内容:参加者の担当学年の教材研究
   新年度のメインテーマの絞り込み
   その他なんでも
新年度が始まって、1カ月余。学級開きから始まり、参観、懇談、家庭訪問等々新年度恒例の行事も進み、子ども達の素顔がクラスの中で見えて来た頃でしょうか?
一人ひとりの子どもの個性、クラス集団の特性の芽生えを把握しながら、担任が例会参加。子ども達が喜んで授業に参加してくれるようにするにはどうすればいいのか?課題の大きい子どもに集団としての学習にどう参加させていくかといった根本的な、そして、難しい問題を踏まえての交流がありました。
授業作りのポイントとして、その授業での発問を1~2個しっかり考える。狙いに沿った発問は、言葉をしっかり練らないといけない。板書をまず考えて授業を組み立てていく。
従来から例会で繰り返し言われてきたことを改めて確認しました。
45分の授業の狙いは?
狙いを実現させる資料は?
狙いにそった発問は?
基本は変わりませんが、難しいです。だからこそ、子どもが輝く授業をめざして、集団で授業を考えようと思った例会でした。

  

小学校部会 6月例会(6月23日)

日時 2018年6月23日(土)9時30分から12時
場所 東成区民センター 控室E
   (地下鉄千日前線・今里筋線 「今里」2番出口から西へ 徒歩約3分)
内容
・5年 総合の模擬授業 黄さん
・こんな授業をしました(社会、理科)阿部さん、岡崎さん、平尾さん
・全国大会レポート 小学4年 「淀川」の実践  黄さん
・道徳の授業(大阪歴教協大会にむけて)阿部さん

  

日本史部会 6月例会(6月27日)

日時:2018年6月27日(水)18:30~20:30
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)3階「楓」
内容:「人物から時代を見る-平安時代編」
報告者:永瀬 弘勝 さん
    4月例会で、大伴家持を題材にして奈良時代を考える報告をしました。
    これに続いて、平安時代を人物を通じて考えてみます。