支部・部会・研究会案内

高槻支部 1月例会(1月29日)

日時:2022年1月29日(土) 14:00~16:00
会場:高槻市市民交流センター(クロスパル)301 号室(3F)
テーマ ・担当学年の教材研究
・授業のメインテーマ
・戦後史の教材研究
・その他何でも
冬休みに入り、ウィズコロナとばかり世間ではクリスマスの華やかな雰囲気が醸し出された25日。今年最後の例会がありました。6 年の歴史学習についての話でした。授業時間不足の中、課題を立てて考えさせることが大事。何を考えさせるかを決めそれに集中する様に授業を組み立てるのが良いと話が進みました。その課題は?というところで時間切れとなってしまいました。
今月の例会ではこれを中心に話し合いが詰められたらと考えます。授業の組み立てとしてはどの学年にも共通することです。多くの方の参加を待っています。

  

歴史教育者協議会近畿ブロック研究集会(1月15日)

歴史教育者協議会近畿ブロック研究集会

 この案内のダウンロードはこちら

歴史教育者協議会近畿ブロック研究集会1

歴史教育者協議会近畿ブロック研究集会2「主権者を育てる社会科教育を創る
―あらためて小・中・高の連携を求めて―」
2022年1月15日(土)11:00~17:00
Zoomによるオンライン開催
授業公開はビデオ録画を視聴

第1部 授業研究
大阪暁光高校 和井田祐司
「”悪”と向き合う―アイヒマン裁判考」 (2年生世界史B)
 ナチス・ドイツの戦争犯罪をふり返り、それらがどのような「悪」か自分の意見を出し合い、誰が・いつ・どのようにすればユダヤ人大量虐殺等の戦争犯罪を防げたのかを考えます。
 アイヒマン裁判を題材に、アイヒマンの有罪・無罪・ふさわしい量刑を考え、アーレントの主張に対して話し合います。

第2部 テーマ討論 パネルディスカッション
「主権者を育てる社会科教育を創る―あらためて小・中・高の連携を求めて―」

☆申し込み:希望者は1月6日までに、各府県事務局に
各府県事務局が大阪歴教協の所定のアドレスまで、1月8日(土)までにメールで申し込み。
折り返し、ZoomのURL・ID・パスコードを連絡します。
Zoomミーティングの諸注意は、その時にお知らせします。
☆定員 : 100人

  

日本史部会 12月例会(12月22日)

日時:2021年12月22日(水)18:30~
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)
会場とZOOM利用のハイブリッドでおこないます。
内容:近代工業の発達(教材研究)
―「工女」・「女工」から女子紡績労働者へー
報告:河内晴彦さん
・小学校6年歴史学習(近現代史)、自由民権運動につづく教材化に向けての教材研究です

補足レポート
 教材研究ノート:倉敷の綿と紡績業
  植田啓生さん

  

小学校部会 12月例会(12月11日)

日時:2021年12月11日(土)午後1時15分から4時ころ
会場:東成区民センター604号
内容:授業プランや日々の実践・子どものようすなど
    阿部さん 、岡崎さん、黄さん、笹田さん、梶野さん、二ノ方さん
   研究など:河内さん、小野さん、平尾さん、飯田さん

  

高槻支部 12月例会(12月25日)

日時:2021年12月25日(土) 14:00~16:00
会場:高槻市市民交流センター(クロスパル)遊の工房(3F)
テーマ ・担当学年の教材研究
   ・授業のメインテーマ
   ・戦後史の教材研究
   ・その他何でも
非常事態宣言が解除となり、修学旅行も実現ということで、子ども達の笑顔が広がるのではと思います。が、現場の先生方の忙しさはいっそう増すだろうと想像できます。そんな中でも例会で授業研究に取り組まれる先生方の姿は輝いています。6 年担任が 2 人参加ということで、互いに資料提供したり、子どもの話にも厚さが増しました。そんな 11 月例会でした。12 月例会は上記の通りです。冬休み初日、クリスマスというなかでの実施です。より多くの方に参加してもらい、研究を深めていきましょう。

  

日本史部会 11月例会(11月24日)

日時:2021年11月24日(水)18:30~
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)
会場とZOOM利用のハイブリッドでおこないます。
内容:「カレーなる歴史」
報告者:植田 啓生 さん
中学生にとって身近な料理のひとつであるカレーに焦点を当て。日常生活から歴史や国際関係を理解できるような体験型模擬授業についての報告です。

  

世界史部会 11月例会(11月28日)

日 時:2021年11月28日(日) 午後2時00分より
      Zoom利用で行います。
テーマ:『家(チベ)の歴史』から辿る「歴史総合」の授業研究
内容:本報告では、『高等学校 新歴史総合 過去との対話、つなぐ未来』(第一学習社)の第2章「国際秩序の変化や大衆化と私たち」における1950年前後の中・朝・韓・日・米の国際関係史を、「家(チベ)の歴史」(朴沙羅、2018)という観点から教材化・単元開発を行った授業研究報告である。
報告者 植田 啓生 さん(岡山 清心女子中高)

  

高槻支部 11月例会(11月13日)

日時:2021年11月13日(土) 14:00~16:00
会場:高槻市市民交流センター(クロスパル)創の工房号室(3階)
テーマ ・6年(歴史)の教材研究
    ・その他の学年の教材研究
    ・授業のメインテーマ
   ・その他何でも
10 月例会は運動会直後、前期終了間際という忙しい時期にもかかわらず、現場の先生も参加。
参勤交代をメインに武家諸法度も絡めての授業組み立てで活発な話し合いが進みました。武家社会の仕組みから、クラスの中の上下関係を考える子が出てくるかなと想像したりしていました。
初参加の方が、同僚を誘ってみるという発言。多くの現場の方と授業作りを話し合えるなんて最高です。その中から自然と集団作り等幅広い課題が出てくるのは当然です。充実した例会を作りましょう。