支部・部会・研究会案内

世界史部会7月例会 (7月24日)

日 時:2022年7月24日(日) 午後2時00分より
    ZOOM利用で行います。
テーマ:「歴史総合の授業構想-現代的諸課題をどうするのか」
報告者:井ノ口貴史(大阪歴教協)
【報告者から】「学習指導要領解説地理歴史編」では、教える順番まで指定して「解説」を書いているのですが、各社が発行する教科書は、「解説」に忠実に従っているようには思えません。特に「思考力・判断力・表現力等」に関しては、各社の教科書はアリバイづくり程度の記述です。「解説」には、「思考力・判断力・表現力等」に関しては、例示されているものは全て「あなたは・・・」と個人の意見表明や理解の表明を求めるものになっているのですが、山川の教科書は、テーマで扱っている708,709とも片隅にも書かれていません。他の教科書も申し訳程度に最後に記されるだけです。検定でも「思考力・判断力・表現力等」に関しては重視されなかったのでしょうか。山川の707は従来の通史的な記述のままで、主題も書かれませんから、フリーパスだったのかと思わざるを得ません。実教の704では産業革命とアメリカ独立戦争を1テーマ1時間で書いていますし、その他の教科書もアメリカ独立革命とフランス革命も1テーマ1時間の扱いです。「知識」すら重視していません(異様なまでの資料の取り扱いについての記述がありますから、「技能」は重視したのでしょうが)。「知識」はエエカゲンでよい、「思考力、判断力、表現力等」はドウデオイイ、その結果現在の社会の矛盾に気づかない「良き国民」が育つということ(学びに向かう力、人間性等)になる。現場では世界史は風前の灯火状態です。今後ますます「歴史を忌避する若者、歴史に無関心な若者」が増えることになることでしょう。さあどうすれば良いのか・・・
参加を希望する方は井ノ口さんに(inoc7009アットマークm3.kcn.ne.jp )に連絡してください。

  

高槻支部 9月例会(9月17日)

日時:2022年9月17日(土) 14:30~16:30
会場:クロスパル(高槻市民交流センター)701号室
テーマ ・担当学年の教材研究
    ・その他何でも
7月例会は梅雨明け直後でした。この暑さの中、参加するだけでたいへんです。最初に報告されたのは、3年生の市庁舎等の見学が暑さのため中止になったということです。異常気象の影響はあちこちに出てきていますね。
 校区の地図学習は、3年生にとってむずしいようですが、学年全体としてゆったり取り組まれているのが魅力的でした。子ども達は自分の発見、体験をグループ内で発表し、話し合うことで学びを深め、楽しんでいるようです。好奇心旺盛な3年生の特性が生かされていると感じました。
 校区内に田んぼがまだ残っているので、「はたらく人」は農家の人を重点的に取り上げてはという提案。元気な子供たちに先導して貰い、担任が聞き取りを始めていくというのは、興味深い取り組みです。次回の報告が楽しみです。
 2か月先の例会ですが、予定に入れておいて下さい。

  

高槻支部 7月例会(7月2日)

日時:2022年7月2日(土) 13:00~15:00
会場:クロスパル(高槻市民交流センター)303号室(3F)
テーマ ・担当学年の教材研究
    ・その他何でも
6 月例会では、3 年の地図学習の報告がありました。校区探検の後それを地図上に書いていくということでは、児童によって理解度に大きな差があるようです。校区を舞台に元気に遊んでいる子と、そうでない子では生活体験が違うのですね。校区全体を即理解させることではなく、気長に校区学習を進め、他の単元の学習に入るのも一つの方法かなと考えます。校区地図をずっと貼っておき、気付いたことを記入していくとか。地名等を表に半折した裏側にコメントを書き込むというアイディアも出されました。
虫に夢中になったり、農家のおじさんも叱る人、そうでない人と見分けたり、3 年生らしい遊びを堪能している子の様子を担任から聞きました。いいクラスだなあと OB、OG は感じます。担任になれば、大変なことも多いでしょうが・・・ 子どもの話をしながら授業作りを進めましょう!

  

日本史部会 6月例会(6月22日)

日時:2022年6月22日(水)18:30~
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)
   会場とZOOM利用のハイブリッドでおこないます。参加希望の方はご連絡く    ださい。
内容と報告者:歴教協全国大会報告概要
 8月の歴教協全国大会に大阪の日本史部会からの報告の検討を5月例会に続いておこないます。今回は教材研究の詳細や具体的な実践について報告、検討します。
日本前近代分科会
「江戸時代の絵図を読み解く実践-摂津・河内における-」 河内晴彦さん
「まぐれ、気まぐれの歴史教育-前近代史編」 永瀬弘勝さん 
日本近現代分科会
「十五年戦争をどう教えたか」 浅井義弘さん

  

世界史部会 6月例会(6月26日)

日 時:2022年6月26日(日) 午後2時00分より
テーマ:「教科書に沿った歴史総合の授業を行ってみて」
報告者: 江里晃さん(実践女子学園中学高等学校)
 江里さんの学校では、清水書院の歴総705を使っています。歴総705は1テーマ2ページで構成されている教科書記述の3分の2が資料で占められている、ある意味で特別な構成の教科書です。松本さんの学校が使っている歴総707とは対極にあるような教科書です。歴史総合は「問いをつくって資料を活用して学ぶ」というコンセプトの科目ですが、この資料を重視した教科書を使っての実践報告となります。
参加を希望する方は井ノ口さんに(inoc7009アットマークm3.kcn.ne.jp )連絡してください。
    ZOOM利用で行います。
 5月例会は、実際に山川出版社の歴総707の教科書を使って約2ヶ月教えてみた生徒と教師の状況を、大阪商業大学堺高校の松本さんが報告されました。歴総707は「歴史総合」の教科書の中では唯一通史的な記述の教科書です。松本さんの学校では3単位の設定ですが、3単位でも時間にゆとりがなく、中学校からの積み上げがないために生徒はわかない事項が多く、生徒も教師も戸惑っているとの報告がありました。原因が通史的な記述のせいなのか、中学校の歴史学習とのギャップが大きいからなのか、今後の実践報告をもとに原因を探っていく必要がありそうです。参加者11人の協議では、「3単位でも厳しい状況なので、2単位でのカリキュラム(約50時間)では、教科書を1からやるのではなく、テーマを絞って、授業展開を考察すべき」という意見もありました。

  

日本史部会 5月例会(5月25日)

日時:2022年5月25日(水)18:30~
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)
会場とZOOM利用のハイブリッドでおこないます。
内容と報告者:歴教協全国大会報告概要
 8月の歴教協全国大会に大阪の日本史部会から下記の3名の報告があります。
 その報告内容骨子を検討して、全国大会の報告を充実させていきたいと考えます。
 日本前近代分科会
  「江戸時代の絵図を読み解く実践-摂津・河内における-」 河内晴彦さん
  「まぐれ、気まぐれの歴史教育-前近代史編」 永瀬弘勝さん 
 日本近現代分科会
  「十五年戦争をどう教えたか」 浅井義弘さん

  

小学校部会 5月例会(5月21日)

日時:2022年5月21日(土) 9時30分から12時ころ
会場:東成区民センター 701号室
内容:授業プランや日々の実践、子どものようすなど。
             阿部さん、岡崎さん、黃さん、笹田さん、梶野さん、二ノ方さん
            研究報告:河内さん、小野さん、平尾さん、飯田さん

  

世界史部会 5月例会(5月29日)

日 時:2022年5月29日(日) 午後2時00分より
    ZOOM利用で行います。
テーマ:「歴史総合~2ヶ月間の実践報告(日々悩みながらこんな感じでやってます)
報告者:松本祐典 (大阪商業大学堺高等学校)
参加申し込みはメールで連絡ください。

  

世界遺産 百舌鳥古墳群を歩こう(5月14日)

世界遺産百舌鳥古墳群を歩こう(5月14日)

 世界遺産 百舌鳥古墳群を歩こう(ダウンロードはこちら PDF)

世界遺産 百舌鳥古墳群を歩こう

子どもたちも先生も楽しい発見とゆたかな認識を育てる社会科学習ができればいいですね。
世界遺産の現地を訪ね、歴史と今を実感しながら教材研究をしましょう。

2022年5月14日(土) 13:00~16:30

会場:堺市博物館(大仙公園内 JRもず駅から徒歩8分 )~百舌鳥古墳群(解散 もず駅前)

① 13:00~14:50 堺市博物館 で学ぼう 学ぼう
「百舌鳥古墳群の謎と魅力」
古墳群についての解説をお聞きして、堺市博物館のビジュアル展示の一部を見学します。
 解説は 「ぶらたもり」にも登場 堺市博物館学芸員 白神典之さん

② 15:00~16:30 大中小の古墳を巡ろう
 現在も44基が点在する堺市内の古墳群のごく一部ですが、最大の前方後円墳や大仙公園内や住宅に囲まれた中小の古墳などを歩きます。
 案内は 古墳ガイド 大阪歴教協堺支部 樽野美千代さん

 コース予定 :堺市博物館~ ⑧孫太夫山古墳~ 大山古墳(拝所)~⑪グワショウ坊古墳~グワショウ坊古墳~ グワショウ坊古墳~ グワショウ坊古墳~ ⑫旗塚古墳 ~⑬銭塚古墳(遠望)~ いたすけ銭塚古墳(遠望)~ いたすけ銭塚古墳(遠望)~ いたすけ銭塚古墳(遠望)~ いたすけ銭塚古墳(遠望)~ いたすけ御廟山古墳~ JR阪和線もず駅前 (変更もあります)

博物館入館料 200円 (堺市民 65歳以上 無料)
参加申し 込みは5/10までに 浅井まで。

主催: 大阪歴史教育者協議会(事務局 浅井義弘)

  

高槻支部 5月例会(5月29日)

日時:2022年5月29日(日) 13:00~15:00
会場:クロスパル(高槻市民交流センター)創の工房(3F)
テーマ ・担当学年の教材研究
    ・その他何でも
    新年度初めての例会は、6 年担任初めての 2 人と転勤早々3 年担任の計 3 人の現職を迎えてでした。6 年担任初めてで、社会の授業をどうしようと考えておられる気持ち、よくわかります。こどもの興味や関心に根差しての授業作りをという事で、話をしましたが、具体的なところまで進めなかったので、それは次回のお楽しみというところです。
転勤して 3 年担任となった人は、担任がまず校区を知るという苦労があります。校区の地図作りについての実践報告と今後の見通し、「総合」との関連と話すことは一杯でした。地図作りで道路の表記に細長い紙を置いていくという試みの提案がありました。間違った道を書いてしまった時、訂正に手間取るけれど、紙を置くだけなら、軌道修正は簡単という事です。なるほどとうなずけました。効率よく作業を進めていけば、子ども達も乗ってくるでしょう。
人が集まり、考えを出し合う中で、意見交流が出来、試みに自信がつき、元気に授業を進められます。5 月例会では、たくさんの具体例を出し話し合いましょう。何も具体例が浮かばなくても、参加者が好き放題にいろいろな案を出し、形を作っていくのが、例会のパターンです。気軽にご参加ください。