小学校部会 4月例会(4月4日)

日時 2020年4月4日(土) 9時30分~12時30分
会場 東成区民センター601号室
内容 新年度の授業プランつくり
 社会科を中心とはしますが、一年間を大きく見通しての取り組みや行事なども見据えて交流できたらよいのではないかと思います。学校の年間計画や新指導要領などわかる範囲でご用意ください。また、こんなことをやってみたいが・・・という思いをもってプランニングできるといいなあと思います。同じ学年の方なども誘ってください。
 ゆるせる方は、センターは12時半までですができれば近くで昼食などもとりながら、2時半頃まで交流できればと思います。是非、ご予定いただけると幸いです。

  

日本史部会 3月例会(3月25日)

日時:2020年3月25日(水)18:30~20:30
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)3階「楓」
内容:第Ⅲ世代の「歴教協創立70年ーこれまでとこれからー」
      〜高校1年の現代社会(日本倫理・思想史)学習に焦点をあてて〜
報告者:植田 啓生 さん
 2019年度、高校1年現代社会の日本倫理・思想史に関わる分野の実践を報告します。授業実践の分析と批判的考察をおこなった上で、次年度からの勤務校での「授業開きプラン」提案にも繋げたい。

  

高槻支部 2月例会(2月28日)

日時:2020年2月28日(金)19:00~21:00
会場:高槻市市民交流センター(クロスパル)3階 創の工房
内容:参加者の担当学年の教材研究
   授業のメインテーマ
   その他なんでも
日々、新型コロナウィルスによる肺炎のニュースでもちきりですが、現場ではインフルエンザによる学級閉鎖、担任の罹患が出ています。
そんな中でも例会に参加してくれた人達。研究授業、増える書類作りと相変わらずの多忙。ゆとりのない毎日。これが続けば、子ども達への悪影響は必至です。そんな中、学年で、学校で仲間と共に学びたいという声が出ています。大変でしょうが、ぜひ実現してほしいです。子どもを生き生き学ばせたいと願い、努力していこうとする現場の人たちの存在は希望の光です。

  

日本史部会 2月例会(2月26日)

日時:2020年2月26日(水)18:30~20:30
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)3階「楓」
内容:第Ⅱ世代の「歴教協創立70年ーこれまでとこれからー」
      〜小学校6年歴史学習に焦点をあてて〜
報告者:河内 晴彦 さん
 2015年に二本の論文を書きました。(発表は2016年3月と5月)1本は「歴史教育者協議会の特質と実践をてがかりに」を副題とした理屈っぽいもの、もう1本は『大阪の歴史教育』49号に掲載してもらった教材や授業例をしめしたものです。この2つの論文で何を明らかにしたかったのか、今後の小学校の歴史学習の実践をどう考えているのかについて報告したいと思います。第Ⅰ世代、第Ⅲ世代を含め皆さんのご意見を聞かせてください。

  

日本史部会 1月例会(1月22日)

日時:2020年 1月22日(水)18:30~20:30
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)3階「楓」
内容:「歴教協創立70年」に学ぶ
    -石山久男さんの「歴教協70周年の集い」での報告をもとに-
報告者:小牧 薫 さん
 石山久男さんの「歴教協70周年の集い」での報告は「歴史地理教育」2019年10月号に掲載されています。

  

日本史部会 12月例会(12月25日)

日時 2019年12月25日(水) 18:30~20:30 
会場 たかつガーデン(大阪府教育会館)3階「楓」
内容:唯物史観の問題点 ― 生産関係、土台と上部構造論、社会変革の過程、国家、封建地代など ―
報告者 河野 通明 さん

  

高槻支部 12月例会(12月13日)

日時:2019年12月13日(金)19:00~21:00
会場:高槻市市民交流センター(クロスパル)創の工房(3F)
内容:参加者の担当学年の社会科教材研究
   授業のメインテーマ
   その他諸々
 11月例会は、うれしいことが沢山ありました。
第一は、暫く休みが続いていた人の参加です。元気な顔を見せてくれ、みな大喜び。
第二は、その人が新しい参加者を3人もつれてきてくれたことです。
第三は、4人も参加者が増え、当然話し合いが活発になったことです。
 各々の担当学級の実態、実践の様子、今後の授業の進め方についての話が出ましたが、時間不足で、十分なことはできませんでした。それでも次回は、今年度のメインテーマに迫れる話をという方向付けができました。
 子どもに寄り添い、子どもを輝かせる授業をという熱い思いが、参加者からあふれ出していたのが第4のうれしいことでした。次回の例会はいっそう面白くなりそうです。