日本史部会 7月例会(7月24日)

日時 2019年7月24日(水) 18:30~20:30 
会場 たかつガーデン(大阪府教育会館)3階「楓」
内容 日本史研究に学ぶ その2 高橋昌明『武士の日本史』(岩波新書)を読む
報告者 植木 武 さん
 6月例会に続き、植木報告の討議をおこないます。また、河野通明さんからサブ報告もあります。

  

日本史部会 6月例会(6月26日)

日時:2019年6月26日(水)18:30~20:30
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)3階「楓」
内容:日本史研究に学ぶ - 武士について
報告者:永瀬 弘勝さん 植木 武さん
 高橋昌明『武士の日本史』(岩波新書)を読む(報告:植木)、桃崎有一郎『武士の起源を解き明かす』(ちくま新書)を読む(報告:永瀬)・・・最近の研究を学ぶことから授業実践のヒントや課題を考える。

  

高槻支部 6月例会(6月21日)

日時:2019年6月21日(金)19:00~21:00
会場:高槻市市民交流センター(クロスパル)創の工房(3F)
内容:参加者の担当学年の社会科教材研究
   授業のメインテーマ
   その他諸々
 新年度のクラス作りが動き出したと思ったら、10連休。振り出しに戻ったのではないでしょうか?
 連休明けは家庭訪問。子どもが落ち着いて、学習を進めていく環境を整えるのは大変なことです。
そんな中、家庭訪問後に例会参加の1年担任。
子どもが描いた地図を見せてもらいました。校舎を起点に、運動場の地図です。子どもの関心が大きいのでしょう。遊具がカラーで描かれているのが多かったです。体育館やプールも描けているのもありました。4人の班単位で描いたということで、班の特徴も良く出ていました。また、字もしっかり書けているのにはびっくりでした。
続いて見せてもらったのは、朝顔の種の観察図。個性的な種もあり、楽しく見せてもらいました。
朝顔の学習をどう進めていくかがメインテーマになりました。子どもの疑問をすくい上げて授業作りをしていくのが大切ということです。ツルの巻き方、花の咲き方等に何かを考えていけるといいなあと話し合いました。ツルは誰が巻く?支柱がなければツルはどうなる?他の植物のツルとの違いは?等々が出ました。次の例会で、子どもの反応を聞くのが楽しみです。

  

日本史部会 5月例会(5月22日)

日時:2019年5月22日(水)18:30~20:30
会場:大阪府教育会館(たかつガーデン)3階「楓」
内容:人物から見る高校日本史-ケンペル-
報告者:永瀬 弘勝さん 植木 武さん
 元禄期に来朝し、当時の日本を紹介した長崎オランダ商館医師ケンペルについて、授業からの視点を永瀬さんが、関連事項を植木さんが報告します。

  

中学校部会 6月例会(6月5日)

日時 2019年6月5日(水) 午後6時30分から
会場 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階「705号室」
内容 「ともに学ぶ人間の歴史」の検討
    第5章(6)将軍吉宗のなげき
         -享保の改革と田沼政治-
報告者 岡澤 文彦 さん

 4月例会不成立で、テーマ持ち越しです。

  

高槻支部 5月例会(5月10日)

日時:2019年5月10日(金)19:00~21:00
会場:高槻市市民交流センター(クロスパル)3階 遊の工房
内容:参加者の担当学年の教材研究
   授業のメインテーマ
   その他なんでも
新年度スタート!
 新元号発表で異常に浮かれているさまをマスコミは伝えています。政界や企業では耳目を疑うような事案が続出し、謝罪会見等にうんざりです。
 しかし、現場では気持ちも新たに新年度を迎えた子ども達や教員が多数いることにほっとします。
 なにをしても楽しんでくれる1年生。その一方で、言っていることがなかなか理解できないような1年生。そんななkで、これからどのように授業を進め、クラス作りをしていこうかと考えている若い担任の姿は、輝いています。
 少子化から来る過保護、小さな子の中にも猛スピードで入っているスマホの世界、体験不足、人との繋がり方を苦手とする子たちの増大等等、現場は今の時代の姿が一番に出てくるところです。これは今に始まった事ではありませんが・・・
 そんな中でも、まず教員が繋がり、仲間と交流しながら、子どもはもちろん教員自身も楽しみながら学ぶ授業作りをしたいと考えます。
 今年度も誰もが待ち通しい例会を作っていきましょう。

  

日本史部会 4月例会(4月24日)

日時 2019年4月24日(水) 18:30~20:30 
会場 たかつガーデン(大阪府教育会館)3階「楓」
内容 日露戦争記念碑が語ること、語らなかったこと        
報告者 森田 敏彦 さん
 幸徳秋水をはじめ平民社の人びとが反戦論をかかげてたたかった日露戦争は、歴史上はじめての総力戦として、日本国民はもとより、中国・朝鮮の人びとにもはかりしれない苦しみをもたらしました。府内にある出征兵士の碑から、日露戦争にかかわる記念碑をとりあげ、碑を建設した人びとは、なにを後世に伝え、なにを伝えなかったのかを考えてみたいと思います。

  

中学校部会 4月例会(4月25日)

日時 2019年4 月25日(木) 午後6時30分から
会場 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階「705号室」
内容 「ともに学ぶ人間の歴史」の検討
    第5章(6)将軍吉宗のなげき
           -享保の改革と田沼政治-
報告者 岡澤 文彦 さん
2019年度公立高校入試問題(社会科)の検討も行います。

  

中学校部会 3月例会(3月20日)

日時 2019年3月20日(金) 午後6時30分~ 
会場 たかつガーデン705号室(7階)
内容 学び舎「ともに学ぶ人間の歴史」学習について
     第8章(10)独立マンセ-
        -民族運動の高まり-
報告者:石原 幸一 さん